仏教研究室

仏教を研究しています。

自力の念仏と他力の念仏の違い

蓮如上人は、御文章に他力の念仏を勧められている。

末代無知の在家止住も男女ならんともがらは、心を一つにして、阿弥陀仏
深くたのみまいらせて、更に余の方へ心をふらず、一心一向に「仏たすけた
まえ」と申さん衆生をば、たとい罪業は深重なりとも、必ず弥陀如来はすく
いましますべし。これ即ち第十八の念仏往生の誓願の意なり。

ここまでが、念仏往生の誓願の心。あえて念仏往生といわれている。

かくのごとく決定しての上には、寝ても覚めても命のあらんかぎりは、

称名念仏すべきものなり。

(御文章5帖目1通末代無知)

 

かくのごとく決定してのうえには、信心決定しての上には。

第18願の心を体得した、信心決定した上には。

寝ても覚めても念仏称えなさい。

 

寝ても覚めても南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と申すべきばかりなり。

これを信心とりたる念仏者とは申すものなり。
(御文章5帖目17通それ一切の女人)

 

これが歎異鈔に念仏者は無碍の一道なり、といわれている念仏者。

 

さて、この上には、なおわが身の後生の助からんことの、

嬉しさをおもいいださんときは、

寝ても覚めても南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏ととなうべきものなり。
(御文章5帖目18通当流聖人)

いくら念仏称えてもたすかりませんよ、といわれている

蓮如上人が寝ても覚めても、といわれている。

戒められたのは自力の念仏。

いくらとなえても助からない。

親鸞聖人が3つに分けて教えられたのを、

蓮如上人は自力の念仏、他力の念仏と2つに分けて教えられた。