仏教研究室

仏教を研究しています。

阿弥陀如来から頂く慈悲とは

考えてみると人間と言うのは、
娑婆で泣いたり笑ったり、喜んだり悲しんだり、
喜怒哀楽を繰り返して一生を終えていく。

どんな金持ちも、地位も名誉も財産もおいて死んでいく。
全て娑婆の中のでき事。
自民党が分裂、所詮は自民党の中のでき事。
アメリカ大統領がブッシュかゴアか。
所詮はアメリカの中のこと。
人間の世界は、苦しいことわずらわしいこといっぱいある。
娑婆の中のできごと。

朝のニュースとか見ていると、本当に娑婆だと思う。
誰と誰が別れる、結婚する。
所詮は娑婆の中のでき事。
自分の幸せと関係あるか。
全くない。

毎朝、娘と一緒に朝ご飯を食べる。
ニュースを見るけれども、子供に見せたくなるようなニュースはない。

世のなか、どちらを見てもみんな苦しんでいるんだな、と思う。
みんな、この世はどうにもならない、どうしようもない。
どうせ人間みんな苦しんで死んでいくんだ。
有楽町のそごうがビックカメラになる。
ダイエーの創業者もとうとう負債総額一兆円以上。
経営陣から外されてしまった。
世の中、栄枯盛衰、いつまでも盛んなものはない。
みんな苦しんで死んでいく。

そんな苦しみ悩んでいる人々に、この世ではっきり心の闇が破れる。
無量光明土にいたる、大般涅槃を証す、往相回向を明らかにする。
そして、またすぐ衆生済度のタメに娑婆にもどってくる。

さっき、還相回向のことを普賢の徳といった。
普賢菩薩とは釈尊の脇士。
もう一方は文殊菩薩
阿弥陀仏の脇士は、観音菩薩勢至菩薩
普賢の徳とは、慈悲を表す普賢菩薩の徳。
その慈悲の心によって衆生済度せずにおれなくなる。
そのことが阿弥陀仏の本願にもちかわれている。

普賢の徳を修習せん。(大無量寿経還相回向の願」)

娑婆に戻ってくる、それは仏の慈悲の心による。
苦しんでいる人をほっておけない。
世の中、年配の人が荷物持っていてもなんとも思わない。
慈悲のカケラもない雰囲気。
慈悲の心とは困っている人を助けずにおれない、そういう心。

仏様が、「オレは幸せになれて良かった。娑婆は大変だな」
そうのんびりしておられれるはずがない。
すぐさま、慈悲の働きによって衆生済度せずにおれなくなる。
そういう働きもまた、阿弥陀如来から頂くもの。