仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

生きる意味がわからないから不安

もし生きる意味がなければ、苦しむために生きることになる。
これはおかしい。

人間何のために生きているのかっていったら、それはやっぱり幸せになるため。
だって、みんな幸せになろうとして生きているんでしょう。
毎日、幸せになろうとして生きている。

「そりゃ、あるだろうが、人それぞれでしょう」という人。
それは板切れ、丸太ん棒ですよと。
これはどういうことか。
一時安心したものの、続かないから別の丸太を求める。
だから不安になる。

その繰り返しでキリがないから、結局いつまでたっても幸せになれない。
一言で言うと、死ぬまで求道。
死ぬまで、安心も満足もありゃしない。
だから、みな不平不満、不安で、
安心も満足もしていないじゃないですか。

人それぞれと思っている心の声に対して、
その人それぞれで結局幸せになれていないじゃないかと言う。
確かにそうだなぁと思わせます。

「だから、それを探している」
「自分はこれでいいと思う物がある」
という人がある。
それに対して、幸せになれない原因がある、
それをみんな知りたいと思っています。

その原因は仏教に教えられています。

その原因をなくした時、
ああぁ〜、うれしい!、とか今日はとっても面白かったぁ〜!、
充実してたぁ!、とか、大満足ぅ〜!とか、
人間に生まれてきてよかった!
って言うような、
 本当の幸せになれるのです。