仏教研究室

仏教を研究しています。

知恩・感恩・報恩

仏教では恩を非常に重視する。

 

知恩、感恩、報恩

 

知恩」恩を知る。

自分が今までどんな方から恩を受けてきたか、それを知る。

大学に入ると、ついついオレは自分で勉強して、ここまで来たんだ、と思いがち。

決してそうではない。下宿に暮らし始めると痛感するんじゃないかな。

食事、洗濯。

自分で作ってみて、今まで全部母親にやってもらっていたんだな、と感じる。

そういうご恩を知る。

 

感恩」それを知識として知っただけでなく、心で感じる。

「いやー、俺は知ってるよ。」

知らないよりはいいけれども、心で感じる。

 

報恩」その恩に報いようとする。

恩ということを感じる人ほど人間として立派な人といわれている。

逆に恩を感じない、だから報いようとしない。

そういう人は、たとえどんなに頭が良くても、権力があっても、尊敬できない。

私たちが、その人を見て本当にえらい人だな、と思うのは

恩を知り、それに報いよう、としている人をみたとき。

 

渋谷といえば忠犬ハチ公。たかが犬が待ってるだけじゃないか。

とてもそうは思えない。

主人が死んでも待つハチ公の姿に感動ぜずにおれない。

 

日本で映画を上映するとき、これをやれば絶対受ける、というものがある。

それが「忠臣蔵」。

お世話になった主君が切腹。沢山の赤穂浪士が路頭に迷った。

普通だったら「馬鹿な君主を持ったなあ」

 

ところが、300人ほどいた人が最後47人、主君の仇をとった。

勿論、仇を取るのがいいことではない。

けれども私たちが感動するのは、受けたご恩を忘れず、それに報いようとする。

アメリカのルーズベルト大統領。この話を聴いて大変感動した。

恩を知ってそれに報いる、日本だけでなく、

アメリカでもヨーロッパでも、人間として尊い行為であるといわれる。

 

私たちはいろいろな方のご恩を受けてこうして生きている。

しかし、最も大きなご恩とは。

身近なご恩で一番深く思うのは親の恩。

だから仏教では親の恩。
山よりも高く 海よりも深いといわれている。

しかしそれ以上に大きなご恩というものがこの世の中にある。

それも仏教に教えられている。

広告を非表示にする