仏教研究室

仏教を研究しています。

笑う者も続けて転ぶ雪の道

笑う者も続けて転ぶ雪の道」という歌がある。

 

冬の寒い雪の道で、つるんつるんに凍っている道を歩くときには、

もうちょっと注意して、歩かないといけない。

なのに、ある場所に行くとすてんと転んでいる。

なんというざまだと笑っている。

笑っている者もまた転んでいる。

この中で転ぶとか、笑うとか、仏教の教えの中では何を教えている?

 

 転ぶとは何か。何の前触れもなしに、後生へと突っ込むこと。

人間とは、生れ落ちる瞬間から、死への行進をしている。

100%確実な未来。突如としてやってくる暴力。

仏法を聞き求めている人なら、話もしている、耳にも聞いている。

そう言っている人が、転ぶ。

そのうちに後生へと突っ込む。

 笑っているというのは、人が後生へと突っ込んでいるのを見て笑う不謹慎な
人はいない。

自分のことと思っていないということ。

私達があの人って馬鹿ね、ひどい人ねと、誰かを笑う、批判をする、

まぬけぶりを笑うというのは、
大抵自分は出来ている、私はあんなことはしませんと思うから笑っている。

自分は立派だという前提から笑っている。

現実は似たような人が笑っている。

 

 あんたは不注意だから転ぶんだぞ。

結局笑っていた人も、自分が後生に突っ込んで行く。

なかなかそう思っていない。

続けて後生へ突っ込んで行く。