仏教研究室

仏教を研究しています。

三世因果の道理

因果の道理は三世を貫く。
三世とは、過去世、現在世、未来世。

昨日は過去。

昨日を過去とした場合、現在は今日。

未来は明日。

昨日、今日、明日、これも三世。

ちょうど夜の十二時で昨日から今日になった。

今日の夜の十二時に、明日になる。


去年は過去。現在世は今年。未来世は来年。これも三世。
この場合、一月一日になる瞬間、ポーンと言う時報をうったときに、去年から今年。

今年から来年。

もっと伸ばせば、生まれてくる前、前世が過去世。

今生きている一生、現世が現在世。

未来世は、死んだ後、来世。
時間の幅がぐっと広がった。

今度は縮める。
過去世を前の一時間とすると、現在世は今の一時間。

未来世は次の一時間。

過去世を前の一分、現在世が今の一分、未来世が次の一分。

過去世を前の一秒、現在世を今の一秒、未来世を次の一秒。

つきつめれば、三世は今の一念におさまる。

現在というのは、過去と未来の接点。

いま、と言っても、「い」と言ったときには「ま」は未来。

「ま」と言ったときは、「い」は過去。

どれだけ早く言っても言えない。
三世は一念におさまる。
それで、三世というのは、ずっと伸ばせば、生まれてくる前、現世、死ん後。
ぎゅっと縮めれば、一念におさまる。

だから仏教は今が大事。

一念の中に三世がおさまるのだから。 

今の自分が分かれば、過去も未来も分かる。