仏教研究室

仏教を研究しています。

三定死

二河白道のたとえで、

旅人が二河の間の白道を進んでいくと、

やがて三定死になる。

自ら思念すらく「我今回らばまた死せん、住まらばまた死せん、

去かばまた死せん、一種として死を免れず」。

もうこれ以上進めない。帰ろうと思う。
しかし、帰ろうとしても、波が絶えずやってきて、道が見えない。
落ちてしまう。
とどまっていても、死んでしまう。
行くのも無理。
一種として死を免れることができない。
これが三定死。


信心決定する前。
何も手につかない状態。心がキリキリ舞いする。
まねしてもだめ。

この三定死は、地震のようにやってくる。

台風ではない。
台風だと予測がつく。
地震は予測がつかない。いつやってくるかわからない。
王舎城の悲劇のイダイケが、のたうちまわっている場面。
除苦悩法を説かれる前。