仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

極楽に往った人は必ず還ってくる

生きているときに絶対の幸福になった人は、
死んで極楽に往くだけでなくて、
この娑婆世界に還ってきます。

これを「還相廻向」といって、
それを書かれたのが正信偈
「遊煩悩林現神通 入生死薗示応化」
です。

極楽往生した人が、八功徳水の温泉に入って、
百味の飲食たらふく食うて、
楽をしているのではなく、すぐに娑婆世界に帰ってきて、
煩悩の林の中で衆生済度に大活躍します。

思いっきり阿弥陀仏の本願を伝えずにおれなくなります。
破邪顕正を思いっきり楽しんで、喜んでさせていただけます。
これも南無阿弥陀仏の六字の名号のはたらきです。

極楽に往くのも、還ってくるのも名号のお働きです。
何度も何度も極楽と娑婆世界を往復して、
全人類が救われるまで衆生済度をします。

人の幸せが私の幸せ、幸せがどんどん増えていく。
こんな幸せはありません。
このような「往還二廻向」
南無阿弥陀仏の働きです。