仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

絶対の幸福とはどんな幸せか

絶対の幸福になると、
生きているときに、限りない幸せがえられます。
それを10種類にまとめて
現生十種の益」と教えられています。

1つめは「冥衆護持の益」です。
冥衆とは菩薩、諸のことです。
護持とはまもるということです。

 菩薩、諸が守って下されるということ。
御和讃にもあります。

南無阿弥陀仏をとなうれば
梵王帝釈帰敬す
諸天善 ことごとく
よるひるつねにまもるなり(親鸞聖人・浄土和讃

南無阿弥陀仏をとなうれば
四天大王もろともに
よるひるつねにまもりつつ
よろずの悪鬼をちかづけず(親鸞聖人・浄土和讃

南無阿弥陀仏をとなうれば
堅牢地祇は尊敬す
かげとかたちとのごとくにて
よるひるつねにまもるなり(親鸞聖人・浄土和讃

南無阿弥陀仏をとなうれば
難陀跋難大龍等
無量の龍神尊敬し
よるひるつねにまもるなり(親鸞聖人・浄土和讃

今までのは諸
次は菩薩です。

南無阿弥陀仏をとなうれば
観音勢至はもろともに
恒沙塵数の菩薩
かげのごとくに身にそえり(親鸞聖人・浄土和讃

歎異抄七章にも書かれています。

念仏者は無碍の一道なり。
そのいわれ如何とならば、信心の行者には
天神・地祇も敬伏し、
魔界外道も障碍することなし、
罪悪も業報を感ずることあたわず、
諸善も及ぶことなき故に無碍の一道なり、と云々。(歎異抄第七章)

敬伏とは、敬って心から頭を下げるということです。
イヤイヤではありません。
よく料亭旅館に行くと、帰るときに仲居さんとかが頭を下げます。
これは私たちを尊敬して頭を下げるのではありません。
お金に頭を下げているです。
そうではなく、天地のが、心から敬って頭をさげます。